空室対策!室内洗濯機置場がないことを悩む必要はありません!




今回は、室内洗濯機置場がない築古物件に関する空室対策です。

なかなか空室がうまらないと、悩む大家さんが、本当に多いです。

 

そもそも室内洗濯機置場がないと、入居は決まらないのか?

 

築25年~30年の古いマンションだと、洗濯機がベランダ置きのものが多く、そんな物件のオーナー、大家さん、皆さん、空室対策に頭を悩ませています。

 

この室内洗濯機置場は・・

こちらの毎年発表される「この設備がなければ入居が決まらない設備ランキング」で、常に上位にランクインしています。

(記事の後半に、設備ランキングをのせておきましたので、ぜひご覧ください!)

 

2017年度では、単身者向けが第1位、ファミリー向けが第3位、2018年度では、単身者、ファミリー向けともに、第1位でした。

 

要するに、室内洗濯機置場がない賃貸物件では、なかなか入居が決まらないということです。

 

当然、家賃も、この室内洗濯機置場がないということが理由で、相場より、安くなっています。

 

室内洗濯機置場がない賃貸物件の空室対策としては、ここの改善を、最優先で検討すべきです。

 

実は、私の物件にもありません・・

 

実は・・私が経営するRCマンションも、洗濯機がベランダ置きで、室内洗濯機置場がありません。

 

幸いなことに、現在は、満室ですが・・以前から、何とかしたいとは考えてました。

 

洗濯機置場を室内に新設となると、洗濯機用の給排水管の設置など、水回りが関係してくるので、かなり大掛かりなリフォーム工事が必要となり、リフォームの費用も高くなると思い、半ば、あきらめてました。

 

しかし・・これは、完全に思い込みでした。

 

 

室内洗濯機置場の新設は簡単にできるのか?

 

いろいろ調べてみますと、比較的簡単なリフォーム工事で、費用もそれ程高くなく、室内洗濯機置場をつくることができます。

 

それも、リフォーム工事に要する期間も、ほぼ1日。

 

こんな短期間で、室内洗濯機置場を新設することがでるとは、本当にビックリです。

 

こちらに、室内洗濯機置場を新設するリフォーム工事についてまとめてみました。

 

■室内洗濯機置場がないことによるデメリット

■室内洗濯機置場を新設する際に、最低限クリアしなければならない4つの条件

■キッチンの場所に室内洗濯機置場を設けるのが一番の理由

■このリフォームにかかる費用

→ 室内洗濯機置場を設けるためのリフォーム

 

今回、いろいろ調べてみて可能だということがわかったので、次回、空室が発生したら、まずは、リフォーム会社、数社に打診をし、見積もりをとってみようと思います。

 

室内洗濯機置場がないと、空室問題に悩まれている、大家さん!

まずは、こちらの記事をお読みいただければと思います。

→ 室内洗濯機置場を設けるためのリフォーム

 

 

 

 

 

Share