駐車場経営のリスク回避に不動産屋さんの協力は必須ですが・・思うようにいきませんね。

 

このブログの読者の中には、アパートやマンションの賃貸経営だけでなく、

バイクや車の駐車場を経営されている方も、かなり多いです。

 




私もバイク駐車場を経営していますが・・

 

実は、私も、賃貸マンションの地下を、バイク専用のシャッター付きの

駐車場として賃貸しているのですが・・実は、結構、苦戦しております。

 

 

昔のマンション仕様であるため、地下の駐車場の高さが、低いんですね。

賃貸の条件は、車もバイクもOKとはなっているのですが・・

まあ、ほぼほぼ、車は無理で、実質的には、バイク専用の駐車場で、

シャッターもついているので、バイクガレージです。

 

 

駐車場経営の最大のリスクである空きを、できる限り、早く、

満室にしたいということで、あれこれ試すのですが、

なかなか、うまくいきません。

 

 

不動産屋さんの協力は必須

 

駐車場経営の最大のリスクを回避するのは、

不動産屋さんの協力は絶対に必要ですが・・・・厳しいですね。

 

 

昨日の不動産屋の対応は?

 

一昨日も、なかなか満室にならない、

ヤキモキしているバイクガレージに、待望の内見の予約が。

それも、私の運営する入居者募集のブログからの、

問合せなので、かなりの期待度。

 

 

駐車場の場合は、いつも、自分で、対応するのですが、

たまたま、税理士や知人と会う予定があって、

時間がなかったため、アポ調整を不動産会社に依頼。

 

 

ちなみに、アパート、マンションの場合は、

全て、不動産屋さんにお任せします。

それに比べ、駐車所は、手続きも簡単なので、

自分で、できる限り対応していたのですが。

 

 

昨日は、時間もとれるので、

私も立ち会うことになっており、

朝から、今日こそ、決めるぞ!!って、私も自宅待機。

かなり気合をいれていたのですが。

 

 

なぜか??当日の朝になっても、不動産会社の担当から、

メールもなければ、電話も、何の連絡もありません。

 

 

・・・・内見は今日のはず、一体どうなったのだろう、

私から、担当に状況確認の電話をいれてみると、

なんと・・

入居希望者と連絡がとれないと、実にあっさりとした説明。

 

 

どうやら、メールで、内見の時間を、いつがいいか、

入居希希望者に、問合せをしたようなのですが、

その返信がないという状況。

それだけのこと。

 

 

相手から、わざわざ、今日、内見がしたいと希望を言ってきたのだから、

せめて電話くらいして欲しいと思うのですが。

 

 

大家さんと不動産会社の温度差とは?

 

これに限りませんが、大家さんと、不動産会社の温度差が大きいです。

 

 

あっさりと、担当者が、

今日の内見はなくなりそうですってと言ってきたときは、

「ふざけるな!!もっとしっかり対応してくれ!」

って言いたい気持ちでいっぱいに。

(もちろん、今後のこともあるので、言っておりませんが)

 

 

『大家のネット集客術大全 NO.1」にも書きましたが、

不動産屋にとって、私の物件は、数多くある物件の一つであって、

別に、成約しようがしまいが関係ないし、何の影響もないということ。

 

 

イライラしても仕方がないことは、

すごくよ~くわかっているのですが、

不動産屋に対する不平、不満は、かなりあります。

 

 

この状況を脱するには、やはり、大家さん自らも、

入居者募集できるスキルをあらためて、実感しました。

Share
2018年8月2日 駐車場経営のリスク回避に不動産屋さんの協力は必須ですが・・思うようにいきませんね。 はコメントを受け付けていません。 空室対策