現在の入居者の部屋探しの方法の主流は何か?わかりますよね。。

 

入居希望者の、部屋の探し方、その方法の主流は?

 

おわかりですよね。。




そう・・スマホです。

 

最近のネットでの物件、部屋探しのための、情報収集の仕方は、昔と かなり違います。

 

これまでは、PCで物件情報、部屋を検索、 収集していたのが、最近は、皆さん、スマホも活用されています。

 

むしろ、そちらがメインかもしれません。

 

スマホは、PCと違い、どこにでも 持ち運べ、気軽に好きな時に、必要な情報を収集できるわけですが、例えば、このスマホで、 あるキーワードで検索したとします。

 

実は、私もそうですが、あまり時間を 置かずに、同じキーワードで、PCでも検索します。

 

スマホで気になる部屋、物件情報を見つけ、まず間違いなく、PCで同じサイトを見にいきます。

 

まあ、画面の大きいPCの方が、見や すいとか、よりリアル感の伝わる情報を得ることができるからでしょうか。

 

なんと、あるアンケート調査では、男 女ともに6割以上の方が、スマホとPC の両方を使い、欲しい情報を集めるそうです。

 

大家さん、自ら情報を発信し、入居者を募集 する場合には、PCだけでなく、 スマホも考える必要があります。

 

スマホで見た時に、見やすい画面であるか?

 

物件を見ながら、スマホで確認することを前提に、コンテンツの内容が構成されているか?

 

・・・・いろいろ、あの小さな画面のスマホで確認するユーザー、今まさに物件を前にしてスマホを見ているユーザー。

 

そういったユーザーの気持ちになって、コンテンツを考える必要があります。

 

今後は、スマホを無視して、PCだけを前提に ネット集客しても、まず失敗します。

 

今回は、かなり、当然のことですが、念のため記事にしました。

 

 「マンション経営・アパート経営の最大のリスク(空室)をネット集客で回避する方法とは?」に戻る

 

Share
2018年8月1日 現在の入居者の部屋探しの方法の主流は何か?わかりますよね。。 はコメントを受け付けていません。 空室対策