Airbnbで民泊する成功物件の選定基準 (その2)〜物件の立地条件

当然ですが、物件の選定は、Airbnbで民泊するのに、

極めて重要な成功ポイントです。

外国人観光客に選ばれる物件を選ぶ必要があります。

既に、「Airbnbで民泊する成功物件の選定基準  (その1)」で、

物件の立地条件についてお話しましたが、補足です。

a0002_009532

ズバリ!外国人観光客は、都市部に滞在される方がダントツ多いです。

特に、東京、大阪に集中しています。

交通の便がよくて、いろいろなお店や施設があって、飽きないですよね。

日本の文化に触れたい方なので、やはり都市部でしょうね。

東京であれば、新宿、渋谷、浅草、六本木周辺で、

大阪であれば、大阪駅周辺や梅田でしょうか。

 

よく、勘違いされる方が多いのですが、有名な観光地の近くや、

空港の近くであれば、民泊でいけると思われる方が多いのですが、

やはり、都市部の宿泊数に比べると、どうしても少なくなります。

 

先日、民泊のセミナーに出席した際に、受講生から質問があったのですが、

出雲大社のすぐ近くに所有する物件で民泊をやりたいが、

成功できると思うか?との質問。

講師の方は、出雲大社は有名な観光地だし、確かに宿泊される

外国人はいると思うが・・宿泊数は、限界があるであろう。

部屋の稼働率を、東京や大阪のように、80%以上にもっていくのは、

厳しいのではないかとの回答でした。

ただ・・面白いと思うので、ぜひ、やるべきだとも言ってましたが。

 

a0002_009546

 

では・・具体的に、どうやって稼働率の高い物件を購入するのでしょうか?

その方法は、簡単です。

まず、東京や大阪のザックリとエリアをしぼり、そのエリアに登録されている

Airbnbの物件を、とにかく片っ端から見てみてください。

カレンダーで、予約状況、空室状況がわかるので、

その物件の稼働率、集客力がわかります。

予約でいっぱいの物件が多いエリアにある、物件を選定しましょう。

ちなみに、Airbnbの登録物件は、常にチェックしましょうね。

本当に勉強になります。

Airbnbで民泊で成功するヒントがいっぱいです。

最低限、同じエリアの競合物件だけでものチェックしましょうね。

→ Airbnbで民泊する成功物件の選定基準 (その3)

 

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加