今年は民泊元年!Airbnb・民泊のメリットを考えてみました。

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

airbnb03

今年は民泊元年とも言われていますが・・

その民泊が、Airbnbを活用し民泊に参入することが、

いかに素晴らしいか、メリットを以下にまとめてみました。

メリットは大きく4つあります。

 

 

(1) 初期コストが、ほとんどかからない。

民泊は、自ら所有する不動産物件でなくても、

借りて転貸することでも民泊はできます。

マンションや一戸建て等の物件を購入しなくても、借りて転貸することで

民泊は行えますので、初期コストが小額ですみます。

リスクの大きい多額の投資は一切不要です。

民泊の主な初期コストは、大きく2つがあります。

■不動産関連(敷金、礼金、仲介手数料等): 家賃の3ヶ月分

⇒ただし、最近は0円というのも結構あります。

ここは、研究の余地がありそうです。

■部屋づくり(家具、家電等) :数万円でも充分可能

⇒IKEAで購入する等、工夫次第で、かなりコストを抑えることができます。

 

 

(2) (1)のコストを早期に回収できる。

民泊は、1泊の料金を月額家賃の1割程度にすることが多いそうです。

部屋の稼働率にもよりますが、仮に1ヵ月フルに稼働させれば、

理論上は家賃の3倍を稼げることになります。

(1)程度の少額の初期コストは、短期間で充分、回収が可能であり、

利回りが極めていいのです。

さらに・・Airbnbであれば、強い外貨の米ドル等で稼ぐこともできます。

(当然、日本円でも可能ですが)

⇒ 民泊ビジネスは、どれくらい稼げるのか?

 

 

(3) キャッシュフローがとにかくいい。

民泊は、1ヵ月の部屋の稼働率、1泊の料金をいくらに設定するか、

ランニングコストをどうするのか

(完全に外注すれば、当然ランニングコストは高くなりますし、

自分で作業すれば、その分コストを抑えることが可能)にもよりますが、

ざっくり計算すると、1ヵ月8~9割の稼働で、手元に売上の2~3割程度

(やり方を工夫すれば、さらに多く稼ぐことが可能)のキャッシュが残るイメージです。

通常の不動産投資の場合、1億円もの投資でも、返済とコストを差し引くと、

年間200万円にしかならないなんてケースもあり、

空室が発生すれば、さらにキャッシュフローは悪化します。

1億円もの不動産投資によるキャッシュフローが、

民泊であれば、1ルーム2部屋で、充分、実現可能だということです。

民泊のキャッシュフローは本当にすごいです。

 

 

(4)全ての作業を外注でき、誰でもできる。

民泊ビジネスをAirbnbに物件を登録しスタートする場合には、

まず、■Airbnbのアカウントを作成し(プロフィールもいい加減な内容だと、

稼働率が悪化するので、極めて重要)、■ハウスマニュアルを作成(英語で)し、

■Airbnbに掲載する物件の写真を準備(稼働率に影響するので

プロに任せるのがベスト)する必要があります。

さらに、日々の運営においても、ゲストからの問合せ対応、予約管理、

鍵の受け渡し、清掃、物件に対するレビュー管理・・・・

いろいろ作業が発生します。

これらの作業を、全て自分で行うとなると、それは無理です。

特に本業のあるサラリーマンであれば、なおさらです。

でも、ご安心ください。

これら面倒な作業は、数多くあるAirbnb代行業者に全て任せることができます。

あなたは、何もやる必要がありません。

これぞ、まさしく不労所得です。

民泊は、あなたが自ら作業をする必要はなく、全て、仕組化できるのです。

 

airbnb02

 

このように、民泊ビジネスには、多くのメリットがあります。

まだまだ、民泊は、黎明期。

競合が少ない、今のこのタイミングで、民泊ビジネスに参入するチャンスです。

特に、アフィリエイト、転売・・等のネットビジネスで思うように

結果をだせなかった方には、実現性の極めて高い民泊ビジネスはおススメです。

そでは、また。。

 

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加