シェアハウスに入居する理由、入居者の年齢は?

20130406 001シェアハウスの事を正式になんと呼ぶか知っていますか?

国土交通省によると「シェア住居」というそうです。

①入居者同士の交流スペースが一ヶ所以上あり、

②台所、風呂場、トイレなどを共同で使い、

③第三者の運営事業者が管理する

この3つの条件をクリアしたものをシェア住居、シェアハウスといいます。

 

シェアハウスの老舗不動産屋さん、ひつじ不動産によると・・

シェアハウスの物件数は記事のグラフの通りですが、5年で4倍と激増!!

都道府県別では、全体の8割が東京に集中しているそうで、京都や大阪でも徐々に増えているとか。

入居者の年齢は、25歳以上30歳未満が、最多の53.8%、30歳以上35歳未満が、24.2%。

入居の理由は、賃料や初期費用の安さ、すぐに入居できる、のが理由で、

肝心の別の入居者とのコミュニケーションがとれるは、7位だそうで、この事実からも、シェアハウスにトラブルが多いというのも、よくわかるような気がします。

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す