民泊、Airbnbはどの程度儲かるのか?

本日は、仕事初め。

久しぶりの早起きが、かなり辛かったですが・・気合で出勤。

全社朝礼に出席した後、商売繁盛で有名な神田明神でお参りし、

金運のお守りも購入。

よくテレビのニュースにもなりますが、本当にすごい数の人でした。

どこの会社の方も、商売繁盛を願い必死です。

写真 1写真 2

 

 

 

 

その後、近くの鳴門鯛焼き本舗で鯛焼きをいただきました。

鯛焼きの外の皮は少し焦げていて、香ばしくパリパリ。

評判通り美味しかったです。

それでは、今回の記事も民泊、Airbnbについてです。

民泊への参入を検討されているあなたのために

ここで、民泊、Airbnbでどれくらい稼げるのか、

もう少し具体的にお話ししたいと思います。

 

一般的に民泊、Airbnbは、物件の家賃の1/10の金額か、

それより若干、高めの金額に設定します。

(全てではありませんが、このケースが比較的多いです。)

さらに具体的に説明します。

例えば、家賃が10万円の物件を民泊で使うとし、

その民泊の賃料を1万2000円と設定したとします。

1ヶ月100%のフル稼動であった場合、

1ヶ月の売上は、36万円になります。

さすがに、1ヶ月フル稼動は、難しいとしても、

85%程度なら充分、実現可能です。

仮に稼働率が85%とした場合、民泊の売上は、

36万円の85%ということで30万6000円となり、

通常家賃の3倍を軽く超えます。

この金額から、家賃と代行手数料等の経費を差し引いたとしても、

1ヶ月分の家賃10万円が残ることになります。

 

a0002_002838

要するに大家さんでなくても、自分で物件を所有しなくとも、

民泊であれば、大家さん全く同じ利益を得ることができるということです。

そして、代行業者に依頼しなければ、さらに多くの利益を得ることが可能です。

さらに、民泊の1泊の料金設定の仕方に、

ある仕組みを導入することで、さらに利益を得ることができます。

工夫、アイディア次第でいかようにもなります。

これって、ワクワクしませんか?

私は、民泊に強い可能性を感じます。

当然ですが、全てのケースにおいて、

ここまで稼げる、成功できるとは断定出来ませんが・・・

ただ、ある一定の立地条件をクリアしたAirbnb

民泊に適した物件であれば、かなりの高確率で、

この程度は稼ぐことが可能です。

 

物件の選定は、民泊、Airbnbをやる上で極めて重要です。

その点もブログでご紹介しますね。

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加