WordPressのバックアップは、プラグインの「UpdraftPlus」で完璧!




本日、ちょっとしたトラブルが発生しましたので、共有します。

実は、本来、以下の通り表示されるべきサイトが・・

 

 

なんと、全く別ものに。

 

 

 

以前にも全く同じミスをしたのですが、今回も、誤って、異なるデータをアップロードしてしまいました。

アップロードをクリックし、その数秒後に、間違いに気づき、即座に中止をしたのですが、サイトは、全く異なるものに変わってました。

同じURLなのに、上と下で異なりますよね。

結局、何度、更新してもダメでした。

 

 

 

いや・・・しまった!!

一瞬、頭の中が真っ白になりました。

しかし・・

このWordPressは、定期的に、バックアップをとっていました。

プラグインの「UpdraftPlus」を使って、毎日、自動で、バックアップをとり、Googleドライブに、自動で保存されるように設定してました。

前回、間違えた時は、WordPressのバックアップを、とっていなかったので、復元できませんでした。

それを教訓に、WordPressのバックアップ体制を完璧に、とってました。

直近5日分の全てのデータが、自動でバックアップされているので、その直近のデータで復元すればいいだけです。

 

 

これは、このプラグインの「UpdraftPlus」の効果を試す好機であると、ここは、結構、冷静に。

実験スタートです。

まず、インストール済みのプラグインの中の「UpdraftPlus」の矢印の「設定」部分をクリックします。

 

 

すると、以下の画面が開くので、矢印の最も新しい日時の「復元」をクリックします。

 

 

すると、復元がスタートし、復元の準備が整うと、以下の画面に移ります。

そして、「復元」をクリックします。

 

 

たった、これだけの作業で、あらゆるもの、全てが復元されます。

念のため、言っておきます。

作業はいたってシンプルですが、時間は、それなにりにかかります。

データの量にもよりますが、私は数分かかりました。

最後に、以下の画面に移ります。

 

 

画面の下の方にあるアクションの上に、「Restore  successful」と表示されれば、無事、復元されたことになります。

プラグインをはじめ、あらゆるものが、復元されました。

いや・・本当によかったです。

ここで全て復元されているのですが、ただ1点、余分なファイルがあるため、トップページが別ものが表示されてしまうということで、

私の場合は、さらに、「index.html」を削除して、作業無事終了です。

このファイルがあると、こちらのファイルを読みにいくので、削除することで、WordPressnoトップページが、表示されるようになりました。

 

以上、あくまでも、ご参考まで。

最後は、ご自分の責任において、作業を行ってください。

皆さん、くれぐれも、バックアップを忘れないように。

でないと、とんでもないことに、なりますよ。

 

なお、他にもバックアップのプラグインはありますが、中には、バックアップをとるのは簡単でも、それを復元させるのに、とんでもなく難しいものもあるので、その点もご注意ください。

あくまでも、バックアップと復元ができないと意味がないので。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Share
2018年10月2日 WordPressのバックアップは、プラグインの「UpdraftPlus」で完璧! はコメントを受け付けていません。 トラブル WordPress ネット