鬼怒川金谷ホテルに行ってきました。その評価は・・

1泊2日で鬼怒川金谷ホテルに行ってきました。

 

1220160527鬼怒川 058

 

先週の金曜、土曜の1泊2日で、

鬼怒川温泉の鬼怒川金谷ホテルに行ってきました。

日光にある金谷ホテルは有名ですが、その系列のようで、

ただ、経営は、ほぼ独立しているとか。

実は 当初、普通の温泉ホテルに行くような感じで、

それ程、特別な想いはなかったのですが・・

実際行ってみてビックリ、最高のホテルでした。

1220160527鬼怒川 008

 

コンセプトが、渓谷の別荘と言うだけあって、

目の前に渓谷があり、滝も見えたりして迫力満点。

まるで自分の別荘でくつろぐように心地よく、くつろげ楽しめました。

おそらく、これまでのホテル、旅館の中でも、ベスト3にはいるかも。

 

このホテルの人がいいです。

 

この鬼怒川金谷ホテルの良さは、いろいろあり、

これからお話ししますが、まずは人ですね。

従業員の皆さんの笑顔、接客が、とにかく気持ちいいです。

中には、何となくぎこちない新人の方もいるのですが・・

一生懸命におもてなしをする気持ちが、

何気ない行為に表れていて、実に気持ちいいです。

 

ラウンジのサービスに大満足です。

 

1220160527鬼怒川 012

 

こちらのラウンジで、お菓子とハーブティーをいただき、

ホテルライフがスタート。

 

1220160527鬼怒川 003

 

ラウンジでは、滞在中、

ソフトドリンクが無料でいただけるとい嬉しいサービスもあります

 

1220160527鬼怒川 060

 

何と朝の7時〜夜の9時半まで

風呂上がり、散歩の帰り、夕食後、雑誌を見ながら・・

何度も飲み物をいただきました。

 

1220160527鬼怒川 014

 

金額にしたら大したことはないのですが、

こういう何気ないサービスって、本当に嬉しいですね。

ここのラウンジのサービスは、まだまだ続きます。

 

1220160527鬼怒川 017

 

夕食の前に、こちらで食前酒とアミューズ・アペリティフをいただきます。

 

1220160527鬼怒川 039 1220160527鬼怒川 041

 

そして、夕食の後には、ラウンジで、スイーツワゴンのサービスがあって、

各種チョコレートを、珈琲を飲みながらいただけます。

 

食事も第満足です。

 

ホテルの夕食、朝食も良かったですね。

ボリュームも、味も、大満足。

そして、器も凝っていて、見ていて大満足。

 

1220160527鬼怒川 028

 

こちらが夕食。

今回は、金谷流湯波懐石〜渓流水明〜を選択。

本来であれば、こちらのコースには、

ビーフシチューはつかないのですが、

ステーキをこれに変更して欲しいと頼むと・・

気持ちよく承諾していただきました。

 

1220160527鬼怒川 032

 

夕食後に部屋に戻ると、

夜食にどうぞと手書きのメッセージ付きで、おいなりさんが。

 

1220160527鬼怒川 045

 

いや・・心使いが、絶妙。嬉しいですね。

 

1220160527鬼怒川 052

1220160527鬼怒川 0491220160527鬼怒川 053

 

そして、こちらが朝食。

和食と朝食のどちらかを選択。

今回は、洋食を選択。

どれも本当に美味しいです。

 

宿泊した部屋も最高です。

 

1220160527鬼怒川 007

 

こちらは、今回、泊まった部屋です。

 

1220160527鬼怒川 004

 

12畳の和室、6畳のベッドルーム(シモンズのセミダブルが2台)、

4畳の広縁があって、外にはかなり広いウッドデッキのテラス。

柱のない全面ガラス張りなので、

部屋の中からも、外の景色を楽しむことができます。

DVDもあって、好きな音楽を聴きながら至福の時を。

部屋は、全室が鬼怒川渓谷に面していて、

川のせせらぎを感じられ、鬼怒川の大自然、緑に癒されます。

 

1220160527鬼怒川 015

 

海の波の音も癒やしですが、川のせせらぎも、いいですね。

この日の晩は、ぐっすり眠れました。

部屋は、隅々まで清潔で、ポイント高いです。

旅先での寝心地も重要なポイント。

枕を羽根・そばがら・テンピュールの3種類から選べ、

高さや硬さ、自分にあったものを選べます。

さらに希望すれば、アロマディフューザー(オレンジ・ラベンダー)

の貸し出しもあります。

 

1220160527鬼怒川 043

 

チェックアウトの時間、11時まで、ゆっくりくつろぎました。

ぜひ、またお世話になりたいと思いました。

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加