スマホアプリの稼ぎ方は2つあります。

ありがとうございます!

 

まずは、こちらをご覧ください。

i

 

これ・・

矢野経済研究所が、2012年の3月に発表

した調査レポートです。

 

テーマは、

「スマートフォンアプリ市場に

関する調査結果 2012」です。

 

少々古いデータですが・・

スマホアプリの勢いが、凄いことは、

よ~くおわかり頂けたと思います。

 

インターネットビジネスに限らず、

あらゆるビジネスにこのスマホアプリ

の活用を、検討すべきです。

 

私は、どうかと言いますと、

iPhone、Androidの両方のスマホアプリを、

集客、リスト収集に、広告に活用中です。

 

当初は、スマホアプリなんて、自分で作成

するのは、絶対に無理、全くイメージ

できないし、自身がなかったのですが、

その通りでした。

 

やはり・・アプリの開発は、私には、

難しかったですね。

 

追い追い、ご紹介していきますが、

まあ、自分のアプリをリリースするまで、

本当に苦労しました。

 

ある商材を購入し、見事に失敗、

Macを購入したり・・

入門の専門書をAmazonで取り寄せたり

いろいろチャレンジ、悪戦苦闘。

 

スマホアプリの可能性は・・大きいので、

何が何でも、早く、参入したかったので、

何かに取り憑かれたように、アプリ作成に

没頭しました。

 

その結果・・

現在では、毎日、何もしなくても

アプリでリスト収集を行っています。

 

スマホアプリせの稼ぎ方は2つあります。

 

1つは・・

アプリに貼り付ける広告で収入を得て稼ぐ方法。

 

もう1つは・・

アプリで見込み客を集め、

自分の商品を販売したり、

サービスを提供したり、

アフィリエイトしたり、

さらには・・

セミナーやイベントを行ったり、

とにかくアイディア次第で、何でもOKです。

 

ビジネスの可能性は、無限です。

 

私、まだ、4つのアプリしか作っていない

ため、収集できるリスト数、広告売上

ともに、大したことないですが、今後は、

その数を激増!させようと考えています。

 

無料レポート感覚で、

どんどんスマホアプリを

作成しようと思います。

 

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加