0000001

l_099前回、「2019年問題」の深刻な状況
について、お話ししました。

需給バランスが不均衡となり、空室
率が悪化する問題ですね。

既に、日本人口の減少は始まっており、
2035年には1億909万人にまで減ると
推計されています。

「大家さんは2019年問題について真剣に考える必要があります。」の続きを読む…

Share

村上悠のイメージ画像

サラリーマン大家さん.COMの村上悠です。

これまで、入居者募集をネットで、行ってき たわけですが、今年、ようやく体系的にまとめ、メルマガ講座『大家さんのネット集客術 大全』として、まとめ公開しました。

http://relishplan.co.jp/ooya/

まだまだ、いろいろ補足すべきところが あり、日々、改良を加えていますが・・・

自分で言うのも、アレですが、内容には、 かなり自信があります。

多くのお悩み大家さんに、きっと役立つと思います。

先日、ネットでの入居者募集で、大失敗をし たのですが、その事例も、防止策とともに補足のPDF資料として、メルマガ講座の受講者 の皆さんに限りご紹介しようと思います。

事例としては・・

物件紹介のブログ記事の更新忘れと、入居の 申し込みメールの失念のダブルミスが原因。

まず、1つ目のミスは・・満室にもかかわら ず、2日程、空室ありの状態のままブログを 放置してしまったこと。

知ってはいたのですが、忙しくて対応しませ んでした。

そして、2つのミスが、申し込みメールの チェック漏れ。

毎日と言わないまでも、2、3日おきに、 チェックしているのですが、問合せメールも、結構な数、届くので、ついつい、チ ェック漏れ。

とある日に、入居希望者より、携帯に連絡が 入り、入居希望者: 「駐車場付きで部屋を借りたいでのすが、空 いていますか?」

私: 「すみません。2、3日前に満室になりまし た。本当に申し訳ございません。」

入居希望者: 「1ヶ月も前にメールで入院の申し込みをし ているのですが・・何とかなりませんか?」

私は・・ただただ、ひたすら謝るのみ。

しかし・・なぜ、電話で問合せができた のか?

ブログには、どこにも、携帯電話は公開して いないので、実に不思議。

仕組み上、1回目のメールでの問合せを 受け、その返信の際に、連絡先として、 携帯を教えることがあるのですが。

なぜ?

どうやら・・

この方は・・わざわざ、物件を探し回り、 そして訪問し、たまたま出会った入居者の方 から、携帯を教えてもらったそうで。

どうしても、ガレージ付の物件に入居した かったそうで、自分で動かれたそうです。

本当に申し訳ない気持ちで、いっぱいです。

自分の甘さを、ただただ・・反省するのみ。

今後は、入居者希望者の気持ちになって、 真剣に取り組もうと思います。

実は、ネットで集客する大家さんは、この失 敗を経験される可能性が高いので、 ご注意くださいね。

なぜ、こうなる理由も明確で、 その防止策はあります。

ここは極めて重要なので、メルマガ講座の方 で補足PDF資料として、ご紹介しますね。

http://relishplan.co.jp/ooya/

最後までお付き合い頂き、 ありがとうございました。

Share

456

いつもありがとうございます!

サラリーマン大家さん.COMの村上悠です。

皆様、メルマガ講座の学習の進捗は、 いかがですか?

今年始めに、ようやく、メルマガ講座 『大家さんのネット集客術大全』を 公開しました。

そして、今週から、以下のメルマガ講座の 紹介ページをアップし、メルマガ受講者を募集したところ、日々、徐々にですが、 受講者が増えています。

http://relishplan.co.jp/ooya/

やはり、空室問題で苦労しているお悩み 大家さんが本当に多いですね。

このメルマガ講座は、インターネットマーケ ティングの原理原則に基づき、体系的にノウハウをまとめており、ネットビジネスはもち ろん、リアルビジネスにも、あらゆるビジネスに応用できる内容にしています。 

私のこれまでのネットビジネスの経験と、 そこで得た知識を、自分で所有する2つの賃貸物件の入居者募集にフル活用、応用し ・・何とか・・試行錯誤しながら、入居者を決めることが出来たわけですが・・

その経験、知識をメルマガ講座に全てまとめ たので、極めて再現性が高いと思います。

ここで・・

この『大家さんのネット集客術大全』を体系化するきっかけをご紹介します。

それは・・ズバリ!入居者募集で苦労した最 初の賃貸物件での大家さん体験です。

ド素人の考えと思い込みで、建築し、賃貸を 始めた物件なので、本当に苦労しました。

物件は、自分も使うということで、あれこれ 工夫し、こだわったので、自信もありました し、惚れ込んでいました。

この良さは、誰にでも受け入れられ、建築中 に入居も決まるだろうと、 安易に考えてました。

しかし、結果は惨憺たるもの。

その様子は、第1巻の自己紹介の音声でもご 紹介しましたよね。

まだの方は・・こちらに掲載されているの で、ぜひお聞きくださいね。

http://relishplan.co.jp/ooya/

話を続けます。

マーケティングとしては、最悪でしたね。

お客様は、自分の商品を欲しいはずであり、 売れるはずと思うことから、スタートしてい るので、完全に失敗ですね。

これで、入居者が決まるわけがありません。

そもそも、いい物件を作れば、何もしなくて も入居者はすぐに決まるという考え方が、 マーケティング的に大きな間違いです。

その物件をこだわりの良い物件と感じる人も いれば、真逆に悪いと感じる人も、どうも感じない人も、いろいろと、人によって、 異なるからです。

今の世の中、万人受けする物件なんてあるは ずないのです。 

で・・・どうすべきだったのか?

まず、万人受けする物件なんてあるはずない ことを、よ~く自覚します。

その上で・・

物件を良いと思うはずのターゲットを、でき る限り具体的に絞り、そのターゲットに対し 物件の良さをアピールすればいいのです。 

そのために、お客様は、なぜこの商品を購入 するのか? 

大家さんで言えば、なぜ入居者は、この物件 に入居するのか・・その理由を徹底的に 考えます。 

そうすることで、ターゲットを設定し、 さらに物件の持つ強みを把握できます。 

そこは、メルマガ講座の第5巻~第7巻をお読 みいただければ、よくわかりますよね。

同様の問題にお悩みの大家さんが多いような ので、第5巻に補足のPDF資料として、 付けることにしました。

まだご覧になっていない方は、 こちらを見ておいてください。

http://relishplan.co.jp/ooya/

特に、お悩み大家さんには、ぜひ、 読んで欲しいです。

最後までお付き合い頂き、 ありがとうございました。

村上悠のイメージ画像以上・・

メルマガ講座『大家さんのネット集客術大全』の受講生にお送りしているスポットメルマガをご紹介しました!

Share

IMG_3705

前回の記事で、ご紹介した悲壮感あふれる動画は、
ご覧になられましたか?

あなたが、もし空室に悩まれている大家さん
であれば、この動画の意味が、
すごくわかるのでは、ないでしょうか?

まだ、ご覧になられていない方は、
ぜひ、ご確認ください。

多くの大家さんの抱える悩みを動画にして
みました。(4分19秒)
http://youtu.be/9X59sGqMl-o

何度も言いますが、
大家さんは、もっと気軽にネットを使って
入居者募集をトライされるべきです。

レバレッジの効く、こんな素晴らしい
インターネットを使わないなんて、
本当にもったいないです。

ところで・・
このメルマガをお読みの方には、
アフィリエイターの方も多いと思います。

中には、まだ、まだ、稼げていない
これから、頑張るぞ!!とお考えの
アフィリエイターさんもいるかと。

そんな初心者、初級者のアフィリエイターの
方には、わかりますよね。

大家さんが、ご自分の賃貸物件を
ネットで入居者募集した場合、
それほど、難しくないことを。

おそらく、他人の商品を広告宣伝する
アフィリエイトよりも、

アピールすべき良さが、よ~くわかっている
自分の賃貸物件を、広告宣伝することの方が
はるかに、簡単です。

ちなみに、こちらの画像は、
私の、RCマンションをネットで
入居者募集した時のものです。
↓  ↓
http://サラリーマン大家さん.com/report/GS001.pdf

私は、プロフィールの音声でも
お話しておりますが・・

賃貸物件に空室がでると、すぐに、ブログで
入居者を募集します。

すると、多くのケースでは、1週間、2週間で、
上の画像のように、
チラホラ問い合わせがきます。

Share

緑の地球

前回の記事は・・

不動産ビジネスを成功させるには、 商品、賃貸物件が魅力的なものである ことが、まず大前提で、

さらに、その良さを、適切な見込み客に アピールすることが重要であることを お話しましたよね。

今のこの世の中、 多くの方に、商品の良さを伝えると誰でもまず思い描くのが、 インターネットの活用です。

レバレッジの思いっきりきく、 インターネットを活用すれば、 一個人の大家さんでも、多くの方に、 自分の物件の良さを手軽に宣伝できます。

少ない労力で、コストもかけずに 多くの人に、簡単に宣伝できるわけです。

インターネットは、 たった1人に向かって広告する作業でも、 1億人に向かってする作業も、一緒です。

本当に、素晴らしいことです。

「今度は動画(4分19秒)をとってみました!」の続きを読む…

Share