民泊面積「1人1坪」 厚労省、4月に基準緩和と記事に。

またまた、民泊に動きが・・

今朝の日経新聞に、民泊の記事が掲載されていました。

1220160211 001厚労省が、「民泊」を、簡易宿所として許可する際の面積基準を緩和するとの記事。

簡易宿所は、現在は、延べ床客室面積が33㎡以上ないと許可されません。

それを、定員が10名未満なら、1人あたり3.3㎡に定員数をかけた

面積以上あれば、許可するというものです。

例えば、定員を4名とするのであれば、3.3×4=13.2㎡は、最低必要ということです。

これなら、ワンルームマンションでも民泊に参入できるとことです。

記事によれば、旅館業法の政令を改正し、4月から施行するとあります。

いよいよ、民泊が本格的にスタートです。

「民泊面積「1人1坪」 厚労省、4月に基準緩和と記事に。」の続きを読む…

Share

Airbnbで民泊する成功物件の選定基準 (その2)〜物件の立地条件

当然ですが、物件の選定は、Airbnbで民泊するのに、

極めて重要な成功ポイントです。

外国人観光客に選ばれる物件を選ぶ必要があります。

既に、「Airbnbで民泊する成功物件の選定基準  (その1)」で、

物件の立地条件についてお話しましたが、補足です。

a0002_009532

ズバリ!外国人観光客は、都市部に滞在される方がダントツ多いです。

特に、東京、大阪に集中しています。

交通の便がよくて、いろいろなお店や施設があって、飽きないですよね。

日本の文化に触れたい方なので、やはり都市部でしょうね。

東京であれば、新宿、渋谷、浅草、六本木周辺で、

大阪であれば、大阪駅周辺や梅田でしょうか。

「Airbnbで民泊する成功物件の選定基準 (その2)〜物件の立地条件」の続きを読む…

Share

Airbnbの成功には、物件紹介の写真が極めて重要です。

民泊、Airbnbが話題になっており、

今年は、民泊元年とも言われています。

今、参入すれば、誰でも簡単に稼ぐことができると

安易に言う方も結構います。

風景1

多くは、Airbnbのコンサルタント、代行業者、

Airbnb可能物件の不動産仲介業者であったりします。

要するに、Airbnbへの参入者が増えると、

当然、彼らの利益にもなる方々です。

しかし、実際は・・・

稼働率が80%以上で、要するに民泊で成功されている方は、

全体の20%ほどなんです。

その証拠に、以下のデータをご覧ください。

千代田区 46%
中央区 39%
港区 44%
新宿区 46%
大田区 41%
世田谷区 42%
渋谷区 48%
豊島区 47%

こちらは、2016年1月のAirbnbで民泊されている物件の稼働率です。

「Airbnbの成功には、物件紹介の写真が極めて重要です。」の続きを読む…

Share

Airbnbで民泊 する成功物件の選定基準 (その1)〜最寄り駅から物件まで

民泊の対象は、ほぼインバウンド、日本を訪れる外国人観光客です。

当然、物件は、そういった外国人観光客が行く場所、

好んで訪れる場所に、あることが望ましいです。

わかりますよね。

外国人観光客の動向をよくチェックし、物件を選定しなければなりません。

thumb 「Airbnbで民泊 する成功物件の選定基準 (その1)〜最寄り駅から物件まで」の続きを読む…

Share

民泊、Airbnbはどの程度儲かるのか?

本日は、仕事初め。

久しぶりの早起きが、かなり辛かったですが・・気合で出勤。

全社朝礼に出席した後、商売繁盛で有名な神田明神でお参りし、

金運のお守りも購入。

よくテレビのニュースにもなりますが、本当にすごい数の人でした。

どこの会社の方も、商売繁盛を願い必死です。

写真 1写真 2

 

 

 

 

その後、近くの鳴門鯛焼き本舗で鯛焼きをいただきました。

鯛焼きの外の皮は少し焦げていて、香ばしくパリパリ。

評判通り美味しかったです。

「民泊、Airbnbはどの程度儲かるのか?」の続きを読む…

Share

今年は民泊元年!Airbnb・民泊のメリットを考えてみました。

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

airbnb03

今年は民泊元年とも言われていますが・・

その民泊が、Airbnbを活用し民泊に参入することが、

いかに素晴らしいか、メリットを以下にまとめてみました。

メリットは大きく4つあります。

 

「今年は民泊元年!Airbnb・民泊のメリットを考えてみました。」の続きを読む…

Share

来年は、本気で民泊ビジネスに参入しようと思います!

今年も残り数時間で、終わりですね。

皆さん、今年、1年・・どんな年でしたか。

私は、いろいろな意味で激動の1年で、本当に厳しい年でした。

今、来年1年をどう生きるのか、あれこれ考え、

やるべきことをノート(iphoneアプリ)にまとめているのですが・・

久しぶりにワクワクしながらの年越しです。

このワクワク感、なぜなら、来年から本格的に民泊へ参入しようと考えております。

それも、少し変わった、差別化されたものを考えておりまして、

そのために、2つの資格の取得も考えています。

 

airbnb01

かなり本気です。

 

「来年は、本気で民泊ビジネスに参入しようと思います!」の続きを読む…

Share

マンションの一室を民泊に使えるのか?

民泊に関する法整備を待たずに、民泊ビジネスに参入される方が激増しています。

旅館業法に抵触し違法なケースであっても、数が多過ぎるのか、

それを指導する立場の保健所も特に何もせず、ほぼ放置状態。

通報等が無い限り、積極的には介入していないようです。

こんな状況下で、Airbnbへの登録物件数も、増加の一方。

 

そこで、どんな民泊物件があるのか、Airbnbのサイトを確認してみました。

その多くは、マンションの一室で民泊を行うケースが、驚くほど多いです。

 

マンション2

しかし・・・・・

マンションの一室を使って、気軽に、民泊をされている方、

これから参入を検討されている方は、充分に注意してください。

物件のオーナーから転貸の許可を得ている場合でも、安心できません。

せっかく民泊ビジネスに参入し、軌道にのり、これから稼ごうという時に、

急に、その居室を民泊に使えなくなるリスクがあるからです。

ズバリ、マンションの管理規約に抵触することが理由です。

「マンションの一室を民泊に使えるのか?」の続きを読む…

Share