大家さんは2019年問題について真剣に考える必要があります。

l_099前回、「2019年問題」の深刻な状況
について、お話ししました。

需給バランスが不均衡となり、空室
率が悪化する問題ですね。

既に、日本人口の減少は始まっており、
2035年には1億909万人にまで減ると
推計されています。


まあ・・それでも、これまでは、世帯総数が増加していたおかげで、

空室率の過度な悪化は回避されてましたが・・・・

しかし、世帯総数が2019年をピークに、その後は減少に転じるというこ

とで、少ない顧客の奪い合う、大家さんのサバイバル時代。

こうした市場の激変を見据え、不動産各社も動きを加速させています。

055

今年3月、あのライオンズマンション
の「大京」が「穴吹工務店」の全株

式を取得し、子会社化したり、いろ
いろな動きが。

このサバイバル時代を勝ち抜くために、買収や統合で事業規模を拡大し、
市場での優位性を確保しようと必死なわけです。

大家さんも、この「2019年問題」については、真剣に考える必要があります。

前回もお話ししましたが・・

私は、この深刻な状況を勝ち抜き、勝ち組大家さんでい続ける、方法
は、ズバリ!2つあると考えています。

それは・・

(1)インターネットの活用、つまり、入居者募集と自己資金獲得のため
に、インターネットを活用すること。

限られた顧客の争奪戦を、不動産屋さんに完全依存することは、危険です。

大家さんも、自分で入居者募集できるスキルを身につける必要が、絶対にあります。

できれば、入居者募集だけでなく、さらにその応用で、自己資金獲得に貢献できる
レベルまで、到達したいところです。

(2)究極の差別化賃貸物件、コンセプト型賃貸住宅の経営。

究極の差別化賃貸物件であるから、そもそも競合が極端に少ないわけです。

誰もが入居者となり得る、普通の賃貸物件と異なり、その物件の市場は、小さいですが・・でも競合がいないこのコンセプト型賃貸住宅は、極めて有効な対応策です。

この2ポイントについては、今後さらにお話して行きます。

詳細は、今後お話ししますね。

 

456一度仕組みを構築すれば、向こうから入居者が自然と勝手に集まってくる方法を知りたくありませんか?

⇒ 『大家さんのネット集客術大全(無料)』

 

 

↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加