シニア向けシェアハウスです。

ここ数日、シェアハウスについて取り上げてきましたが、シェアハウスというと20代、30代の若い方が一緒に暮らすというイメージが強いですよね。 「シニア向けシェアハウスです。」の続きを読む…

Share

電子書籍が普及期を迎え、競争激しく・・

2012年9月にグーグルプレイが、2012年10月にキンドルストアが、2013年3月にiブックストアが続々とオープン。

これ、なんだかわかりますか?

そうです、話題の電子書籍のお店です。 「電子書籍が普及期を迎え、競争激しく・・」の続きを読む…

Share

オーダーメード賃貸とは?

賃貸住宅だってオーダーーメード最近、オーダーメード賃貸が注目されています。

借り手が、入居する前に、賃貸物件の壁紙や、すごいのは間取りも変更できるもの。

賃貸住宅でも自分好みの家づくりが楽しめると大人気です。

オーダーメードにかかるコストですが、借主が、費用を負担するケース(退去時の現状回復費用は不要というケースが多い)や、大家さん側が負担するものなど、やり方はまちまち。

しかし・・

借り手は自分の住みたい希望の家に住め、当然、長~く住むケースが多いわけで、大家さんにもメリットは大きいんですね。

借り手にも、大家さんにも、双方にメリットのある、オーダーメード賃貸は、これから人気になりそうですね。

Share

今後、電子書籍を購入したいという方が多いです。

電子書籍関心が高まるインターネットで購入できる有料コンテンツについて、男女20代~60代の男女1千人に対するアンケートを実施したところ、16.5%の方が、電子書籍を購入したいと回答したそうです。

ちなみに、ゲームが6.9%、音楽が12.5%、動画が12.6%でした。

ゲーム、音楽、動画より、電子書籍を購入したいということです。

で・・現在、既に電子書籍を購入したことがあるという方は、10.0%でした。

 

その内訳ですが、「よく買う」が1.2%、「たまに買う」が3.6%、「買ったことがある」が5.2%でした。

この記事(2013年2月20日)からも・・・今後、爆発的に、電子書籍が伸びる可能性がありそうですね。

Share

シェアハウスに入居する理由、入居者の年齢は?

20130406 001シェアハウスの事を正式になんと呼ぶか知っていますか?

国土交通省によると「シェア住居」というそうです。

①入居者同士の交流スペースが一ヶ所以上あり、

②台所、風呂場、トイレなどを共同で使い、

③第三者の運営事業者が管理する

この3つの条件をクリアしたものをシェア住居、シェアハウスといいます。

 

シェアハウスの老舗不動産屋さん、ひつじ不動産によると・・

シェアハウスの物件数は記事のグラフの通りですが、5年で4倍と激増!!

都道府県別では、全体の8割が東京に集中しているそうで、京都や大阪でも徐々に増えているとか。

入居者の年齢は、25歳以上30歳未満が、最多の53.8%、30歳以上35歳未満が、24.2%。

入居の理由は、賃料や初期費用の安さ、すぐに入居できる、のが理由で、

肝心の別の入居者とのコミュニケーションがとれるは、7位だそうで、この事実からも、シェアハウスにトラブルが多いというのも、よくわかるような気がします。

Share

Word Pressのブログをウェブマスターツールで確認してみました。

HTML改善

Goooleのウェブマスターツールで、ブログの状況を調べてみようと。

「最適化」→「HTML改善」をクリックした画面がこちらの画像です。

ご覧の通り、「重複するメタデータ(descriptioms)」が10ページ、「短いメタデータ(descriptioms)」が18ページ、「タイトルタグの重複」が19ページ。

とりあえず、短いメタデータを改善しました。残りも追々、対応したいと思います。

そもそも、これって問題ないんですかね??

Share

シェアハウスの運営は難しいです。

ぎすぎす共有?シェアハウス一軒家やマンションを数人の他人同士で住む、共同生活。

一人で住むよりは、いろいろな人とコミュニケーションがとれて、楽しそうであり、充実しているように思う方も多いと思いますが・・

価値観や生活習慣が全く異なる人が、一緒に暮らすわけですから、ましてや、男女混合となると、いざこざが起きて当然です。

「風呂場を長時間、独占された・・」

「冷蔵庫の食べ物を勝手に食べられた・・」

「洗濯機に洗濯物がいれっぱなしで、使えない。・・」

「ゴミを決められた日にださない・・」

住民同士で、深刻なトラブルにならないよう、シェアハウスの運営者、大家さんは気を使う必要があります。

中には、苦情対応に疲れたと、2年間経営していたシェアハウス6棟、全てを閉鎖された方も。

利回りがいいからなんて、安易な気持ちでシェアハウスを経営するのは、極めて危険です。

シェアハウス用の運営ノウハウがないと、おそらく無理でしょうね。

Share

趣味で集まるシェアハウス

趣味で集まるシェアハウス今朝の新聞に、気になる記事が。

同じ趣味の人を集めるシェアハウスの開設が相次いでいるという記事です。

ランニング好き、英会話好き、鉄道模型好き、漫画好きの女性、アウトドア好き・・そんな趣味仲間と一緒に暮らすシェアハウス。

全く同じ物件でも、このように明確なコンセプトを掲げることで、プラスアルファの価値を上げることができ、当然賃料もアップできます。

大家としては、本当に勉強になります。

ところで、英会話好きのシェアハウスには、外国の方も一緒に暮らすとか。

なんだか、そごく楽しそうですね。

数年前までは、シェアハウスは、あまりなかったのですが、今は、数はすごく多く、ドラマの舞台にもなるくらい、シェアハウスは一般的なものになりました。

特に、首都圏に多いそうで、中途半端な設備のシェアハウスでは、満室経営は難しいかもしれませんね。

しかし・・大家の私としては、アイディア勝負で、シェアハウス経営に挑戦してみたいような気もしますが・・

ただ、シェアハウスの経営は、そう簡単ではありません。

他人が一つ屋根の下に暮らすわけですから。

詳しくは、後日、記事にしますね。

 

Share

美味しい焼き菓子の西荻窪のモイスェン (Maeuschen) は、狭さを売りにしたお店です。

西荻窪のモイスェン (Maeuschen) の入り口以前からチェックしていた西荻窪のモイスェン (Maeuschen) です。

お店は3名も入ればいっぱいな、とにかく小さなお店。

この狭さが・・すごく気になるんですね。

これが中途半端な広さだと・・駄目なんでしょうね。

西荻窪のモイスェン (Maeuschen)の店内こちらの写真は、モイスェン (Maeuschen)の店内です。

古~い蛇口の洗面大も、センスがいいと思いませんか・・

お店は狭いのですが、お洒落スポットがいっぱい。

もっと写真を撮ってくればよかったと後悔。。

広ければいいということではなく、狭さを、ある意味欠点をアピールして、大成功しているケースです。なんか、参考になりますよね。

とここまでは、大家さん目線でお話しました。

肝心の西荻窪のモイスェン (Maeuschen)の焼き菓子ですが、これまたスミマセン。

写真はありません・・・・

今回は、クッキーとガレット、そしてチーズケーキを注文。

これ、どれも、すごく美味しいです。

さすが、西荻窪で一番人気のお店っていうのが、わかりますよね。

Share

古い町屋の賃貸は大人気です。

みんなで町屋に泊ろう京都の伝統屋敷である町屋。

すごく風情があっていいですよね。

そんな町屋を改装した1棟貸しの宿泊施設が人気だとか。

こちらは、山中油店 ゲストハウス

創業200年の油店が明治末期に貸家用として建てた長屋を改装したゲストハウス。

町屋は、間口が狭くて奥に長い、いわゆるウナギの寝床、中は薄暗く、冬は寒く・・暮すには不便・・って思われる方も多いと思いますが。

しかし、こういう古い、味のあるものは、今、スゴイ人気です。

もちろん立地条件もありますが、一般的に古民家の賃貸物件は、あっという間に入居が決まります。

Share

四季膳 ほしやでランチ。

iphone5バックアップ 030長女の卒業式に出席した帰りに、成城学園で途中下車してランチ。

以前からチェックしていた四季膳 ほしやへ。

ちょっとリッチな昼食。

花籠にはいっていい感じですね。

帰りは、外までご主人も一緒に送りに出て来てくれて感激です。

こういう何気ないことが、接客には重要ですね。

Share

スマホアプリへの参入は、なぜAndroidではなくiPhoneの方が先がいいのか?

日本におけるスマートフォンのシェアは、Androidが57.4%、iPhoneが37.8%です。

普通、考えたら、ユーザー数がダントツ多い、Android向けのアプリを開発する方が、

稼げるチャンスが多いと思いますよ

しかし・・

それぞれのユーザーの無料アプリをインストールの数を比較すると興味深いことがわかります。

Androidのユーザーが、18.1個に対し、iPhoneユーザーは、66.9個。

なんと、iphoneユーザーは、3.7倍と、非常に多いんですね。

有料アプリを見ると、Androidが0.9個に対し、iPhoneは、10.1個。

iPhoneユーザーは、Andoroidより11.5倍と、ダントツ多いのです。

このデータから判断すれば、スマホアプリに参入すのであれば、

まずは、iPhoneに参入するのが良いことはよくわかりますよね。

iPhoneアプリを作成しておけば、後々、Androidに変換するのも簡単ですし。

まずは、IPhoneで勝負するのが、賢い選択です。

Share