SSL化しているのに”保護された通信”と表示されないWordPressに使うべきプラグインとは?

すみません、記事の更新がかなり遅れました。

前回の記事の続きです。

「SSL化しているのに”保護された通信”と表示されないWordPressに使うべきプラグインとは?」の続きを読む…

Share

プラグイン「Table of Contents Plus」で目次が表示されない時の対処とは?

WordPressをお使いなら、

あなたも一度や二度、

トラブルに遭遇したことありますよね。

 

「プラグイン「Table of Contents Plus」で目次が表示されない時の対処とは?」の続きを読む…

Share

フリー素材のイラストを入手できるサイトを集めてみました。

 

ブログで使えるフリー素材のイラストで、合法的に入手でき、

目的に拘束されることなく自由に使えるものに限定し、集めてみました。

 

「フリー素材のイラストを入手できるサイトを集めてみました。」の続きを読む…

Share

WordPressのプラグイン「WP Display Header」を削除したことが原因かわかりませんが・・iPadで見た表示が完全に崩れました。

 

プラグイン「WP Display Header」をインストールしたことは、既に記事にしています。

 

「WordPressのプラグイン「WP Display Header」を削除したことが原因かわかりませんが・・iPadで見た表示が完全に崩れました。」の続きを読む…

Share

WordPress(ワードプレス)のバックアップを簡単にとれるプラグインを発見!

ワードプレス(Wordpress)でブログやサイトを運営されている方は、多いと思います。

あなたは、バックアップをどうされていますか?

例えば、新しくプラグインをインストールしたことが原因で、ブログが真っ白に、もしくはくずれたり・・見れなくなったりすることがあります。

l_021怖いですね。

これまで、コツコツ更新してきた記事が、一瞬で消えることが。

様々な原因で、ある日突然、ブログが真っ白になんてことが本当に起こります。

絶対に、ワードプレス(Wotdpress)のデータのバックアップはとるようにした方がいいです。

 

「WordPress(ワードプレス)のバックアップを簡単にとれるプラグインを発見!」の続きを読む…

Share

プラグインのWP Display Headerについて解説します。

プラグインのWP Display Headerについて解説します。

これで何ができるかといいますと・・

WordPressのヘッダーを、記事ごとに、カテゴリーごとに、

簡単に変更できるプラグインです。

実は、このブログにも導入しています。

ヘッダーが微妙に異なるのがわかりますかね。

 

001

 

02

 

03

 

このプラグインの使い方ですが・・実に簡単です。

まず、WP Display Headerをインストールし、そして有効化します。

あとは、記事ごとに、カテゴリーごとに、タグごとに、ヘッダーを設定できます。

使ってみてください。

ちなみに、ヘッダーの推奨するサイズは、1000×128ピクセルです。

そのうち、ペイントを使って、簡単にヘッダーを作る方法もご紹介しますね。

Share

WordPress(ワードプレス)で改行できない場合の解決策とは?

ワードプレスブログのレイアウトを変更しました。

3列両サイドメニューを2列右サイドメニューに。

現在の主流は、明らかに2列です。

実際、3、4年前から・・

海外のWebマーケター、国内のトップクラスのマーケター、アフィリエイターが、皆、こぞって、ブログを、右サイドにメニューを、そして左サイドにに記事というレイアウトに変更しています。

ブログ訪問者の目の移動、視線の移動に合っている、優しいレイアウトだそうです。

確かに・・2列の時より、随分と見やすくなりました。

しかし・・

そのために、自己紹介の欄が、以下の通りゴッチャとなり見づらく。

 

murakami

「WordPress(ワードプレス)で改行できない場合の解決策とは?」の続きを読む…

Share