アドセンス不許可サイト ww.google.co.kr 、translate.googleusercontent.com は許可していいのか?




アドセンスのトップページに、「お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました。収益の損失を防ぐには、アカウント設定にアクセスして、広告を表示するサイトを承認してください。」の表示が。

 

アカウント設定にアクセスしてみると、確かに、アクセスと認証のところに、不許可サイトとして
www.google.co.kr translate.googleusercontent.com が表示されています。

許可していいものなのか・・収益???でも、下手に許可して、アドセンス狩りにあっても困るし・・

というわけで、この2つのwww.google.co.kr translate.googleusercontent.comを調べてみました。
これらは、Google翻訳(Webサイトの翻訳)をしたときのURLだそうで、
アドセンスの広告も、翻訳版の海外の広告に変わって表示され、クリックされているということだそうです。
どうやら、問題ないようなので、許可することに。
海外からのアクセス数は少ないようなのですが、少しでも収益につながるということで、許可しました。
アドセンスのトップページに、「お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました。収益の損失を防ぐには、アカウント設定にアクセスして、広告を表示するサイトを承認してください。」の表示がでたら、まずは、不許可サイトを確認し、その上で許可しましょうね。
むやみやたらに、許可すると、アドセンス狩りにあい、アカウント停止になるリスクもあるので、ご注意ください。グーグルアドセンス狩りが、よくわからないという方は、以前、書いたこの記事をお読みください。 グーグルアドセンス狩りの対策方法

 

Share