日本におけるスマートフォンのシェアは、Androidが57.4%、iPhoneが37.8%です。

普通、考えたら、ユーザー数がダントツ多い、Android向けのアプリを開発する方が、

稼げるチャンスが多いと思いますよ

しかし・・

それぞれのユーザーの無料アプリをインストールの数を比較すると興味深いことがわかります。

Androidのユーザーが、18.1個に対し、iPhoneユーザーは、66.9個。

なんと、iphoneユーザーは、3.7倍と、非常に多いんですね。

有料アプリを見ると、Androidが0.9個に対し、iPhoneは、10.1個。

iPhoneユーザーは、Andoroidより11.5倍と、ダントツ多いのです。

このデータから判断すれば、スマホアプリに参入すのであれば、

まずは、iPhoneに参入するのが良いことはよくわかりますよね。

iPhoneアプリを作成しておけば、後々、Androidに変換するのも簡単ですし。

まずは、IPhoneで勝負するのが、賢い選択です。

Share

ここ1ヶ月の間、電子書籍、スマホアプリの可能性を模索し、研究しています。

正確に言うと、スマホアプリというよりは、iphoneアプリについて、

あのApp storeで入手できるアプリでね。

なぜ、ユーザー数はiPhone(37.8%)より、Androidの方が57.4%と多いのになぜ??

Androidアプリではなく、iPhoneアプリなのか??

このの回答は、次回以降で説明しますね。

そして・・・・

アプリの一つでもある、カテゴリーはブックに該当する電子書籍について。

この2つについて研究し、ほぼほぼ、行けると確信しました。

正直、まだまだ情報が本当に不足しているので、この2つの商材に頼るところが大きいのですが、今後、読者に有益な情報を継続して提供するiphoneアプリと、電子書籍に注力しようと思います。

その結果は、ブログ、メルマガで公開していこうと思います。

今後に期待してくださいね。

iphone5バックアップ 067たまたま、見つけたクローバー?

四葉のクローバーかな?

クローバーにもいろいろな種類があるんですね・・

 

 

Share