リフォームの見積もりは、最低3社以上のものを比較するべき、その際の注意点とは?

リフォームの見積もりは、

最低3社以上のものを比較するべき、

その際の注意点とは?

 




 

今回、リフォームの見積もりを5社から取得しました。

 

前回の記事で、取得した見積もりの一部をご紹介しましたが、見積もり金額は各社バラバラ。

 

 

高いものは800万円超え、安いものはその半分の400万円ほどと、金額が大きく異なります。

 

倍近い大きな金額の違い、こいうケースは、リフォームの見積もりでは珍しくありません。

 

これは、リフォーム特有のいくつかの事情(←後でここも詳細にお話しようと思います。)によるものですが、正直、この金額の違いには、本当にビックリです。

 

リフォームを行う大前提として、前回もお話しましたが、面倒くさがらず、複数社から見積もりは、必ず取りましょう。→ その際にホームプロの一括見積もりサービスはオススメです。

 

最低でも3社、できれば5社以上から見積もりを取りましょう。

 

でないと、リフォーム費用で大損はするは、手抜き工事をされるわ、散々な目にあいますよ。

 

くれぐれもご注意下さい。

 

複数の見積もりを取った後のことですが・・

 

リフォーム費用を、できる限り抑えたいという方であれば、当然、一番安い400万円の業社を選びますよね。

 

しかし・・
そのやり方は、あまりオススメできません。

 

リフォームの見積もり金額の安さだけで、契約するのは、絶対にやめるべきです。

 

あまりにも安過ぎるケースは特に注意が必要です。

 

なぜなら、一般的にリフォームは、「安かろう悪かろう」が当たり前と言われているからです。

 

考えてみてください。

 

まず、リフォームは、トータルの金額を決めます。

仮にその金額が極端に安かったとしても、当然、業者は、その金額でも利益がでるように、安い金額に合わせてリフォーム工事を行うわけで、当然、手抜き工事されるリスクが、より高くなります。

 

にもかかわらず・・

 

今回、私は、一番安〜い見積もりの会社と、最終的に契約をしました。

 

正確に言いますと、その業者に対し、あれこれ追加で発注したところ、100万円ほどアップし、約400万円で契約。

 

当初の見積もり金額の1/2、400万円近くお得な金額になります。

 

もちろん、リフォームのコストをできる限り安く済ませたいという理由もありますが、当然、それだけではありません。

 

確実にリフォームで成功できる!

全く問題ない!

確固たる根拠に基づき、判断し、リフォーム会社を決めました。

 

リフォームの見積もりを取得し、その後、どのように進めれば、リフォームで失敗しないのか?

 

リフォームで成功するには、どうすればいいかのか?

 

注意すべきポイントを、今回の私の実体験に基づき、次回の記事で徹底解説します。

 

 

村上悠

各社の見積もりが全てそろった後に、その見積もりを、どう分析し、発注する業者を決めればいいのかを、注意すべきポイントを、今回の私の実体験に基づき、次回の記事で徹底解説します。。

まだ前回の記事をお読みでない方は、こちらの記事をまず。

 

 

→ リフォーム比較サイトを利用すべき

 

Share
2018年5月23日 リフォームの見積もりは、最低3社以上のものを比較するべき、その際の注意点とは? はコメントを受け付けていません。 空室対策 リフォーム