昔食べた懐かしい味を求め、あちこちの酒まんじゅうを食べ歩き、その結果、ようやくその味に出会えた⁈

酒まんじゅう

 

突然ですが、私、酒饅頭が大好きです。

大好物です。
それもかなりの。

 







昔懐かしい酒まんじゅうとは?

 

みなさん、よく「サカマン」と言いますが、ご存知ですか?

 

もち米と米麹で甘酒を作り、小麦粉と混ぜ発酵させた生地であんを包んで蒸した饅頭。

 

簡単に言うとこんな感じです。

 

ちなみに、この甘酒も好きです。
砂糖を一切使わないのに、自然の甘さがいいんです。
心地よいです。

 

酒饅頭話に話を戻しますね。

 

まだ私が幼い頃、よく、母方の田舎遊びに行ったときに、ほぼほぼ必ずあったのが、大量の酒饅頭。

 

毎回、お土産用も含め作ってありました。

 

ありがたいですね。

 

これが本当に美味しくて、なぜか、冷えたものがさらに美味しいんです。

 

独特の風味の皮も美味しいし、中の餡も絶妙な甘さで最高!

 

美味しくて、何個も食べましたね。

 

この時と同じ味の酒饅頭を探しているのですが、ないですね。

 

あの懐かしい味・・どこかにないか?

 

ずっと探し求め、あちこち酒饅頭を食べましたが、あの時の酒饅はないですね。

 

さがみ野夢工房の酒まんじゅうとは?

 

さがみ野夢工房 ふっくら

 

 

そんな時に、たまたまネットで見つけたのが、「さがみ野夢工房 ふっくら」の酒まんじゅう。

 

ネット上には酒まんじゅうの画像もアップされており、見た感じは、幼い頃食べた田舎の酒饅頭とそっくり。

 

ここ相模原の地は酒まんじゅうが名産品とかで、「 さがみ野夢工房 ふっくら」では、
ひとつひとつ手作りしています。

 

これは期待できるぞと、ワクワク。
ドキドキです。

 

このお店が、月曜日から金曜日が定休日。
要するに土曜日と日曜日のみ営業なので、もし行かれるのであれば、注意してくださいね。

 

早速、昨日の土曜日の午後、「 さがみ野夢工房 ふっくら」に行ってきました。

 

お店は住宅街にあって、前の道は狭く、車がすれ違うには、かなり慎重にならないとダメな感じ。

 

運悪くちょうど前から、1台の車が来ました。

 

嫌な予感が・・
ここで大事件が勃発。

 

ここは、学びも含めかなりのボリュームになりそうなので、あらためて記事にします。

 

今回は、このまま、酒饅頭のグルメレポートを続けます。

 

たまたま、このまんじゅう屋は、私が経営する物件から車で15分と近いので、今後は、物件に用事がある時hs、チョクチョク寄ることにしようかなと。
もちろん美味しければですが。

 

・・・・

 

あれこれありましたが、事件の後、気を取り直し、ようやく酒まんじゅうを購入できました。

 

まだ少し温かかったので、早速その場でまんじゅういただきました。

 

田舎まんじゅうって感じで、素朴でいいです。

 

皮の酒の風味、中の餡も程よい甘さで、美味しいです。

 

特に、帰宅後、冷えたものを食べたのですが、昔懐かしい味に似てるような。

 

冷えていると、皮の風味がよくわかりますね。

 

ただ・・残念ながら、微妙に、皮の風味も、中の餡も違うんです。

 

美味しいのですが・・私が追い求めている酒饅頭では、ありませんでした。

 

しかし・・
昔懐かしい酒饅頭が好きな方には、ここのまんじゅうはオススメです。

 

 

さがみ野夢工房 ふっくら
電話番号 : 046-251-3826
住 所   : 神奈川県相模原市南区新戸2041
アクセス : 相模線 相武台下駅より 徒歩7分
定休日  : 月~金曜定休
営業時間 : 10:00~16:00




Share
2018年3月5日 昔食べた懐かしい味を求め、あちこちの酒まんじゅうを食べ歩き、その結果、ようやくその味に出会えた⁈ はコメントを受け付けていません。 グルメ ライフスタイル