民泊物件の最初の候補は簡易宿所

もともと古民家に、興味があり、一時、古民家鑑定士の資格を取得しようとまで考えたこともあります。

ちなみにこの古民家鑑定士の資格は、難しい資格ではなく、協会の指定するテキストであれば、試験場に持ち込むことも可能。

きちっと勉強すれば確実に受かる試験なんです。

古民家について、満遍なく学べますし、古民家に関心のある方には、この資格、オススメですよ。

DSC05315

ということもあって、古民家好きの私は、この古〜い物件の外観に、一目惚れ。

ネット上の画像ですが、かなり気に入りました。

ですが、現物を見てみないと話は始まらないわけで、

早速、不動産屋に連絡し、なんとその日のうちに内見することに。

不動産の物件探しは、早い行動が鉄則。
気になるのであれば、まずは、電話してみることが大事です。

それにしても、ここまで急ぐケースは、私でも、珍しいです。

なぜ、そんなに急いでいるのか?

と言いますのは、この物件、既に簡易宿所の許可も得ているもので、完全合法民泊物件なわけです。

まだまだ、こういった物件は少なく、
特に東京には、こういった賃借物件は皆無です。

合法的に民泊をスタートさせたかった私としては、この簡易宿所の物件は魅力のあると物件でした。

結局・・

内見の待ち合わせ時間の2時間くらい前には、既に現地に到着。

早速、物件の外観を見ようと、
周りの環境もチェックしながら、歩いて向かいます。

徒歩10分程で、物件に到着!

第一印象は、この古さに、ワクワク。

さすがにこのままでは、民泊に使用することは難しそうですが・・

少し手を加えることで、お宝物件になる予感。

DSC05314

特に、玄関のところにあるレトロな電灯がいい感じです。

ただ・・この段階で、1点心配な点が。

最寄駅から歩いて10分超、それも商店街とかではなく、ひたすら住宅街の中を。

まあ、要するにつまらないんですね。

途中の風景が。

ここは大きなマイナスポイントです。

多少気になる点はありますが、基本、外観は気に入りました。

早く、内見してみたいな・・

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加