簡易宿所の許可取得取は、誰でも可能なのか?

簡易宿所の許可を自分で取ります!

l_021最近、簡易宿所の許可を取ってみようと、本気で考えています。

それも行政書士に頼まず、ど素人であり自分で全て行うのです。

これかなり無謀な試みだと思いますよね。

ハイ!私もそのように思います。

ただ・・

簡易宿所の要件を満たす物件が見つかれば、

手間と時間はかかるでしょうが、そんなに難しくなさそうです。

簡易宿所は、旅館業法、消防法、建築基準法といった法令に関係しています。

わかりますよね。

簡易宿所の許可を得るには、それら関係法令を所管している部署と、

事前相談も含め何度もやり取りすることになります。

基本的には、あれこれ細かく修正の指示をされるはずなので、

一つ一つ対応し、問題をクリアするだけのことですが・・

言うのは簡単ですが、実際に動くのは、かなり面倒な感じです。

本業のあるサラリーマンがやるには、結構つらいかもしれません。

かなり本気モードなのですが・・

残念なことに、肝心の物件が見つかりません。

スタートラインにすら立てません。

 

ワンルームで許可される可能性は?

マンション2最近、転貸OKの賃貸物件が徐々に増えてきています。

それ専用の不動産屋もでてきたりしているのですが、

どれもワンルーム、1Kといったマンション1室物件ばかり。

Airbnbの登録物件を見ても、ワンルームの部屋ばかり。

そもそもこのワンルームで合法的な民泊は可能なのか?

確かに「春から(4/1のこと)ワンルームマンションでも民泊解禁」なんて、

嬉しい報道もありました。

面積要件、玄関帳場設置要件の緩和されるので、

ワンルームマンションでも許可が取れると思われた方も多いと思いますが・・

しかし、本当のところはどうなのでしょうか?

 

 

 

あるワンルーム物件を徹底検証します!

manそこで、

・用途地域は問題ない場所にあり、

・用途変更に伴う建築確認申請が不要な床面積合計が100㎡未満であり、

・定員3名

のワンルームマンションを例に考察してみたいと思います。

 

 

 

まず、旅館業法について検証します!

簡易宿所の面積要件33㎡は、法律上緩和されているので、

ここはクリアできそうです。

ただし、上乗せ条例では、まだほとんどが未対応のようなので、

現在のところは最低でも33㎡は必要のようです。

次に、玄関帳場設置要件ですが、そもそも現条例でも、

ほとんどが、そこまで要求していないようで、条例にも規定はされていません。

各自治体によって異なるので一概には言えませんが。

ここはクリアできそうです。

さらにワンルームについて検証を続けます。

a0720_000029よく簡易宿所の要件で厳しいと言われるのが、トイレ要件です。

条例では・・

・便所は各階に設置する。

・トイレのない客室がある場合、その階は、

男子トイレと女子トイレに区別される共同便所を設ける。

・便所を敷設していない客室の定員が5人以下の場合、

共同便所の便器の数はそれぞれ2個以上とする。

ここは、どこの自治体の条例も同じようです。(少なくとも、東京23区では)

定員がたった3名でも、便器が、5つも必要ということか?

なぜ、5つもの便器必要なのか、意味不明です。

このトイレ要件は、どう考えても、ワンルームマンションでは、クリアできません。

このトイレ要件をクリアするには、かなりのコストがかかります。

このことが理由で、簡易宿所をあきらめるケースが、極めて多いようです。

トイレや洗面のリフォームは費用がかかりますからね。当然です。

ちなみに簡易宿所では、客室は1部屋でも問題ないのです。

ただし、簡易宿所をそのまま1人の顧客や1家族に貸す前提のものは

問題があり許可がおりません。

あくまでも簡易宿所は、「宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設を設け、・・」と旅館業法に定めがあり、複数に貸すことが、前提だからです。

共用しない個室(1人だけや、1家族が使う前提の部屋)が多い場合、許可されないそうです。

 

 

 

次に旅館業法以外の点を検証します!

a0006_000289ここまで、旅館業法関係について、気になる点だけですが、簡単に検証しました。

旅館業法以外と言えば、建築基準法、消防法についてですが、

実は、これら法律の要件は、これまでと全く同じです。

何も変わらないので、合法的民泊を行うとなると、

ここも厳しい要件を全てクリアする必要があります。

容積率、内装制限・・正直、建築や消防要件については、

極めて複雑であるため、正直、私には解読不可能です。

ここは、実際に行政への確認が必須です。

実は、マンションのような共同住宅だと、旅館業法よりも、

建築基準法、消防法をクリアするほうが大変なくらいです。

あと、ワンルームだとマンション管理組合の問題もあります。

転貸や構造変更等は、このマンション管理組合の承諾が必要となりますので、

建物の一部のワンルームだけ簡易宿所として対応するのは、

極めてハードルが高そうです。

結論としては・・

法律上はワンルームでも簡易宿所の許可取得が可能だったとしても

現実的には不可能だと思います。

過去、ワンルームマンションで簡易宿所が許可されたケースは、まだないそうです。

さらなる規制緩和がなされないと、ワンルームで合法的民泊は難しいでしょうね。

 

 

簡易宿所に向いた物件とは?

l_095では、簡易宿所に向いた物件とは、どんなものなのか?

簡易宿所向けの間取りの物件となると極めて少ないのですが・・

実際に私がチェックしている物件があって、

次回以降の記事で詳細に解説したいと思います。

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加