Airbnbで民泊 する成功物件の選定基準 (その1)〜最寄り駅から物件まで

民泊の対象は、ほぼインバウンド、日本を訪れる外国人観光客です。

当然、物件は、そういった外国人観光客が行く場所、

好んで訪れる場所に、あることが望ましいです。

わかりますよね。

外国人観光客の動向をよくチェックし、物件を選定しなければなりません。

thumb

こちらは、トリップアドバイザーの

「外国人に人気の観光スポットランキング」2015年度版 TOP30 です。

こういった情報も参考になると思います。

ちなみに東京では、12位に新宿御苑、21位に浅草文化観光センター、

25位に明示神宮、26位に渋谷センター街、29位に両国国技館、

30位に六本木ヒルズの展望台となっております。

こういった観光地に近い物件であれば、

部屋の稼働率をアップさせることができます。

ただし、いくら人気観光地に近くても、

以下のような物件では、うまくいきません。

これからお話しする物件は、

民泊、Airbnbには不適な物件ですので、ご注意ください。

◼︎最寄り駅から遠い物件

物件はどんなに遠くても、最寄り駅から徒歩15分が限界です。

徒歩5分以内がベストですが、

なかなか、そんな好条件の物件はありません。

私は、最寄駅から徒歩7分以内であれば、

良しとして物件選定をしています。

10分になるとちょっと歩かせてる感があり、

大きな荷物を持っては、厳しいですよね。

それから、物件への道は全て舗装されていることも重要です。

デコボコ道では、大きなキャリーバッグの移動は無理なので。

そいう意味では、急な坂道とか、階段も避けたいところです。

【ただし・・「傾向として外国人旅行者は、
それほど駅からの距離を気にしない」という説もいます。
はっきり言えないようです。すみません。】

 

◼︎交通手段がバスの物件

さらにもう1つ、最寄り駅について重要なポイントがあります。

駅は、JR、私鉄、地下鉄等の鉄道の駅であれば、

なんでもいいのですが、バス停だけは絶対に避けてください。

これかなり重要なポイントです。

鉄道は、英語の案内板があり外国人に優しいので、

日本語のわからない外国人の方でも問題なく利用できます。

それに比べバスは、ほとんど英語表記はなく、

外国人に不親切です。

そもそも日本人でも、全く知らない地域のバスに乗る場合、

いったいどのバスに乗ればいいのか迷いますよね。

多くのバスが発着するバスターミナルなんかだと、

いったい何番のバスに乗ればいいのか、本当に不安になります。

おそらく外国人の方には、目的のバスに乗るというのは、

かなりハードルが高く、難しいでしょう。

交通手段がバスの物件は、絶対に避けるようお願いします。

トラブルの原因になるし、物件の評価が悪くなりますし、

否定的なコメントがつくリスクが高いです。

以上、最寄り駅から近いこと、交通手段がバスでないこと、

物件への道に未舗装道路、急坂、階段がないことをお話しました。

この他にも民泊に適した物件の条件は、

多数ありますので、今後ご紹介していきます。

 

Airbnbで民泊する成功物件の選定基準(その2)

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加