インバウンドの数が増え続けるので、民泊ビジネスは有望です。

民泊ビジネスは、どう考えても今後有望です。

なぜなら、民泊のメインターゲットである、

日本を訪れる外国人(インバウンド)の数が、

以下のグラフの通り、激増しており、今後もさらに増え続けるからです。

おそらく2020年の東京オリンピックに向けて、

とんでもないことになると思います。大きなビジネスチャンスです。

 

1220160103 001

 

ここまで、増え続ける数字が、伸び続ける市場って、なかなかないです。

2015年の1年では1900万人を超え、過去最高の2014年の1341万人を、

あっという間に超えたことになります。

政府の予想では、2020年には、3000万人を超えるそうです。

こういった状況の中で、ホテルや旅館の数は、それほど増えることはないそうで、

旅館の数は、むしろ減るとも言われており、明らかに宿泊施設が不足します。

その不足分を民泊で補おうというのですから、

民泊ビジネスが、いかに有望なのかが、よくわかりますよね。

ここで、なぜ、ここまでインバウンドの数が激増しているのか、

簡単に検証しておきます。

理由は、大きく3つあると思います。

(1)まず円安であること。

(2)次に、日本政府がビザの発給要件を緩和したこと。

(3)格安航空会社(LCC)が普及したこと。

これにより、欧米の観光客もかなり増えましたが・・

特に、爆買で有名な中国が前年同期比2.1倍の464万人、

韓国が、1.4倍の358万人、

台湾が1.3倍の341万人のアジアからの人がすごいです。

このように民泊ビジネスは、今後かなり有望です。

不動産の全く新しい投資ビジネスとして、

今後、ますます注目されると思います。

 

明日は仕事始めです。

今年は、少々・・短いお正月でしたが。

今年も頑張りましょう。

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加