ワインのコルクの長さが長い程、高級ワイン

wine

先日・・ワインを楽しむ会に参加した際に、出されたた赤ワインが、上の写真。

何と言っても、この金属製の、重厚感漂うラベルが、いいと思いませんか?

このラベルからして、さぞや、お高いワインなのだろうと推測。

ワクワク・・・・

ドキドキ・・・・

そのワインを持ち込まれた先輩に聞いたところ、市販で4500円前後と判明。

お店で飲んだら、さぞかし高いんだろうな・・

普段、私が家庭でいただく1000円〜1500円の、安価なワインと比べると、味といい、香りといい、格段に美味しい・・・感じがします。

・・・・おそらく。

この日は、大人が通う隠れ家的な素敵なお店、赤坂の鳳(おおとり)で、焼き鳥三昧。

鮮度にこだわり朝挽き鶏を使用しているだけあって、適度に身が締まった絶妙な歯応えで、どの焼き鳥も本当に美味しいですね。

さらに、この旨い焼き鳥と赤ワインとの相性が抜群!!

焼き鳥とワインがお互いに、味や香りを高めあっており、素晴らしいマリアージュ。

美味しいお酒と料理そして素敵な会話。

こう言うのを、幸せって言うんだろうな・・つくづく実感。

colk

ところで、ワインのコルクの長さが長い程、高級ワインだという事を、ご存知でしたか?

熟成の度合いで味の変化を楽しめるワインってありますよね。

そういったワインは、コルクを使い呼吸しながら熟成し、美味しくなります。

要するに・・・横になったワインは、コルクの隙間から息をしてるんですね。

そのコルクを長くし、空気の量を調整しながら、ワインを長期熟成させるわけです。

長期熟成させるワインですから、当然、高級ワインなわけで、そのコルクも長いと言うわけです。

この説明で・・わかりますか?

ちなみに、価格の安いワインは長さ3センチほど、高いワインは6センチほどです。

今回のワインのコルクの長さは、堂々の5.5センチでした。

気の合う仲間とのワインを楽しむ会、実に楽しかったです。

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加