The status for the following app has changed to Waiting For Review.のメールが届きました!

2014060702

すみません・・ブログの更新が遅くなりました。

前回の記事で、アップル社から修正依頼のメールを受け取り、Mac Book Airの時刻を修正し、再度アップロードしたところ、再度、同様の修正依頼のメールが届きました。

今度は、時刻の変更する際に、正しいタイムゾーンに設定し、システム環境設定の日付と時刻を日本の時刻に同期させ、再度、アップロードしたところ、修正依頼のメールは来ないで、

アップロードしてから、3時間ほどしたら、上の画像のメールが届きました。

「The status for the following app has changed to Waiting For Review.」とあるので、ようやく、審査を受けれるところまで来たようです。

アップルの審査は厳しいといいますが・・どうなることやら??

Share

App Store へsubmitした時刻と、アプリのtimestampが異なる?

 

アップル社から、以下のメールが届きました。。

「Dear developer,

We have discovered one or more issues with your recent delivery for “大家さんのネット集客術”. Your delivery was successful, but you may wish to correct the following issues in your next delivery:

Post-dated Code Signature – Code signature identified by ‘●●●●’ in bundle ’●●●●’ has a timestamp of ‘2014-06-04T22:59:31.000-07:00’, but it was submitted to the App Store at ‘2014-06-04T07:02:03.936-07:00’. This might indicate that your system clock is not set to the correct timezone. You can also synchronize your system clock with a time server in System Preferences ‘Date & Time’.

If you would like to update your binary for this app, you can reject this binary from the Binary Details page in iTunes Connect. Note that rejecting your binary will remove your app from the review queue and the review process will start over from the beginning when you resubmit your binary.

Regards,

The App Store team」

なぜ、App Storeへのsubmitした時刻が、アプリのtimestampと異なるのか??

全くわかりません。。

どう対処すればいいのかな・・??

Share

XcodeからSubmitするために、「Validate」をクリックすると・・エラーメッセージが。

昨夜、無事、iPhoneアプリをアップロードし、現在は審査待ちの状態と記事にしましたが、

実は、その直前にちょっとしたトラブルが2件ありました。

XcodeからSubmitするために、「Validate」をクリックすると・・

20140602

上の画像の中央にある通り、悲しいエラーメッセージが。

メッセージの詳細は、以下の通りです。

No application records were found.

Applications must be ready for upload  on iTunes Connect

before they can be validiated or submitted from within Xcode

ネットであれこれ、このエラーメッセージについて調べてみると、

iTunes Connectのアプリの登録の作業で、

最後に「Ready to Upload Binary」をクリックするのを忘れていて

「Waiting Upload」になっていなかったことが原因と判明。

アプリ開発には、エラーメッセージはつきもの。

その際には、あわてず、そのエラーメッセージをそのままコピペして、

検索することをおススメします。

そのものズバリの解決方法が見つかるケースも多くありますが、

それがない場合でも、何かしらのヒントは見つかります。

「Ready to Upload Binary」をクリック、そしていくつかの

質問にNoで回答し、無事、「Waiting Upload」に。

その結果、XcodeからSubmitできて「Upload Received」に。

ホットしましたが・・・なんと、その後にもトラブルが。

Share

ようやくiphone アプリのアップロードに成功!

20140601

この画像は、iTunes ConectのManager Your Appsの画面です。

この画面の意味がわかりますか?

黄色のボタンの横に「Upload Received」とあると思いますが・・

iphoneアプリを開発し、それをAppstoreにアップロードに成功したことを意味します。

ここまで、いや・・・本当に長かったですね。

全くのプログラム経験のない私が、ある商材を購入し、

iphoneアプリの作成にとりかかったのが、約1ヵ月前です。

あれこれ試行錯誤しながら・・作業を進めたのですが、いや・・長かったですね。

全くのプログラム経験がない者でも、やればできるんですね。

しばらく、自分の備忘録も兼ねて、ブログにいろいろアップしていきたいと思います。

ああ・・ここからの審査が大変なんですが・・でも、うれしいです。

20140602

ちなみに、こちらの画像は、XcodeのOrganizer- Archivesの画面です。

Statusが、Submittedになっていると思いますが、アップロード完了!という意味です。

いや・・これからどうなるやら・・

 

 

 

Share

スマホアプリのビジネスへの活用の可能性を実感

今回もスマホアプリの話です。

 

こちらの商材を購入し、

http://www.infotop.jp/click.php?aid=156252&iid=50351

さらに、「iOS Developer Programへの登録

(アプリの公開契約/有料)」に99ドル、

Mac Book Airも購入し、ここまでに、

かなりの金額を投資したこともあって、

アプリを作成し、絶対に稼ぐぞ!!

成功するぞ!!と思ったのですが・・

結局、ダメでしたね。

 

マックアップル

 

実は、何とか1本作成はできたのですが・・

今度は、Apple側の審査が通らず、トホホ・・

さすがに、シンプル過ぎたようで、

もう少し、デザインに凝って、

内容も分量も多くする等、対応すれば、

Appleの審査を合格できたかもしれないので

すが・・

 

正直、その気力とパワーが残っておらず、

挫折。

 

この経験によって、スマホアプリの知識が、

増え、アプリのビジネスへの活用の可能性

を、ますます実感。

 

何としても、

スマホアプリビジネスに参入したい!!

 

 

 

その気持ちは、日々強くなり、だからと

言って、もう一度、商材を読み直し、

自分でアプリを開発するのは、

現実的に無理な話ではなく。

 

コストを一切かけず、ブログ感覚で、簡単に

アプリを作成する方法を模索しました。

 

その結果・・あるものですね。

 

Share