man

空室問題に悩む大家さんに朗報です。

多くの大家さんは、空室問題に悩んでおり、いかにして空室をなくすか、入居率を維持するかが大きな課題です。

空室対策として・・賃貸物件で人気のある設備を、リフォームし取り入れたり、

p3ちなみに、インターネット無料、入口のオートロック、浴室換気乾燥機、TVモニター付きインターホン、宅配BOX、24時間利用可能ゴミ置き場は、人気がありますが、

私が経営する大田区の特区民泊物件は、これら全ての設備が備わっています。

 

その他にも、賃料を下げたり、敷金礼金をなくしたり、フリーレント期間を設けたり、仲介手数料を大家さん側で負担したり、大家さんは、あの手この手で空室対策を行います。

さらに、不動産仲介会社に対しても、自分の物件を、より積極的に紹介してもらうよう、あれこれ気を使います。

私もそうですが・・大家さん業は、本当に、大変です。

そんな大家さんにとって、朗報が。

今後、強力な武器となること間違いなしです。

それは、ハイブリッド賃貸経営です。

これまでは、入居者の金銭面で負担を減らしたり、リフォームで物件の魅力をアップさせたりと、大家さんにとっては、空室対策は、どれも負担が大きく、厳しいものでした。

しかし・・このハイブリッド賃貸経営は、これまでの空室対策とは全く異なるものです。

簡単に言いますと、物件の貸し方を、通常の賃貸にこだわらず、全く新たな貸し方を、複数導入するという方法です。

この方法であれば、大家さんの金銭面での負担は少ないですし、さらには、条件さえクリアすれば、賃料収入を大きくアップさせることも可能です。

大家さんにとっては、この方法を知っているか、そして実践しているか、そしてそういったことを相談できる不動産会社と取引しているかが、勝ち組大家になれるか否かに、今後、大きくかかわってきます。

「民泊 × マンスリー × 家具家電付き賃貸
大家さんの全ての悩みを解決する!
『ハイブリッド賃貸経営』」の続きを読む…

Share

ca44306e

特区民泊ですが・・

p3物件の管理を依頼している代行会社から、

line@で嬉しい連絡がありました。

嬉しい!!超長期の予約です。

この物件、オープンした4月始めから、

ずっと5月後半まで好調でしたが・・

今月がさえません。

もともと、5月、6月は閑散期ですが。
実は、繁忙期の7月以降に
全く予約が入らず心配しておりました。
そろそろ夏休みの予約が入り始めてもおかしくないのに・・
なぜか、全く予約が入らず、困っていました。

「超ロング80泊の予約が入りました!」の続きを読む…

Share