021

いよいよ、民泊が来月4月1日に、事実上の解禁ですね。

面白くなってきましたね。

既に何度か記事でご紹介していますが・・

民泊は、旅館業法で定める「簡易宿所」として位置づける方針で、
簡易宿所の要件の床面積を以下の通り緩和します。

現在、旅館業法(簡易宿所)では、
客室の延床面積が33㎡以上となっているのを、
収容定員が10人未満の場合は、3.3×収容定員㎡以上へと改正されます。

参考までに、以下の資料をご紹介します。

政令改正方針案

「旅館業法施行令の一部を改正する政令案」及び「旅館業法施行規則の一部を改正する省令案」に関するご意見の募集について

 

添付の改正案を読まれましたか?

ここで気付かれた方がいるのでは?

そうなんです。

フロントを設置しなくてもOKという事が、明確になったんです。

仮にフロントの設置が義務となると、ほとんどの民泊は、
その要件をクリアできないでしょうから、
あなたも気になっていたのでは。

フロントは不要と、その点がクリアになり、本当によかったです。

Share

l_026

またまた、民泊に動きが・・

今朝の日経新聞に、民泊の記事が掲載されていました。

1220160211 001厚労省が、「民泊」を、簡易宿所として許可する際の面積基準を緩和するとの記事。

簡易宿所は、現在は、延べ床客室面積が33㎡以上ないと許可されません。

それを、定員が10名未満なら、1人あたり3.3㎡に定員数をかけた

面積以上あれば、許可するというものです。

例えば、定員を4名とするのであれば、3.3×4=13.2㎡は、最低必要ということです。

これなら、ワンルームマンションでも民泊に参入できるとことです。

記事によれば、旅館業法の政令を改正し、4月から施行するとあります。

いよいよ、民泊が本格的にスタートです。

「民泊面積「1人1坪」 厚労省、4月に基準緩和と記事に。」の続きを読む…

Share

a0002_003755

当然ですが、物件の選定は、Airbnbで民泊するのに、

極めて重要な成功ポイントです。

外国人観光客に選ばれる物件を選ぶ必要があります。

既に、「Airbnbで民泊する成功物件の選定基準  (その1)」で、

物件の立地条件についてお話しましたが、補足です。

a0002_009532

ズバリ!外国人観光客は、都市部に滞在される方がダントツ多いです。

特に、東京、大阪に集中しています。

交通の便がよくて、いろいろなお店や施設があって、飽きないですよね。

日本の文化に触れたい方なので、やはり都市部でしょうね。

東京であれば、新宿、渋谷、浅草、六本木周辺で、

大阪であれば、大阪駅周辺や梅田でしょうか。

「Airbnbで民泊する成功物件の選定基準 (その2)〜物件の立地条件」の続きを読む…

Share

airbnb

民泊、Airbnbが話題になっており、

今年は、民泊元年とも言われています。

今、参入すれば、誰でも簡単に稼ぐことができると

安易に言う方も結構います。

風景1

多くは、Airbnbのコンサルタント、代行業者、

Airbnb可能物件の不動産仲介業者であったりします。

要するに、Airbnbへの参入者が増えると、

当然、彼らの利益にもなる方々です。

しかし、実際は・・・

稼働率が80%以上で、要するに民泊で成功されている方は、

全体の20%ほどなんです。

その証拠に、以下のデータをご覧ください。

千代田区 46%
中央区 39%
港区 44%
新宿区 46%
大田区 41%
世田谷区 42%
渋谷区 48%
豊島区 47%

こちらは、2016年1月のAirbnbで民泊されている物件の稼働率です。

「Airbnbの成功には、物件紹介の写真が極めて重要です。」の続きを読む…

Share

a0002_002838

民泊の対象は、ほぼインバウンド、日本を訪れる外国人観光客です。

当然、物件は、そういった外国人観光客が行く場所、

好んで訪れる場所に、あることが望ましいです。

わかりますよね。

外国人観光客の動向をよくチェックし、物件を選定しなければなりません。

thumb 「Airbnbで民泊 する成功物件の選定基準 (その1)〜最寄り駅から物件まで」の続きを読む…

Share