man

今でも増え続ける闇民泊。

l_021 なぜ、特区民泊でもなく、簡易宿所でもなく、いわゆる闇民泊を始める方が、今でも多いのか?

そして、そういった物件を、いかにも収益シュミレーション通り来年以降も稼げるかのように、売り続ける不動産屋がいるのか?

なぜ、今から闇民泊を始めるのか、闇民泊物件を売り続けるのか。

本当に不思議です。

「不思議!なぜ闇民泊を続けられると思うのか」の続きを読む…

Share

IMG_0231-1280x960

簡易宿所には、戸建てが向いていると前回お話しました。

 

mansyonでは・・マンションの1室で簡易宿所を経営するのは、無理なのでしょうか?

結論から言います。

残念ですが・・
難しいです。

 

 

理由はいくつかありますが、例えば消防法上の規制です。

宿泊施設の簡易宿所には、共同住宅と 分類されるマンションと異なる消防法上の規制があります。

 

「マンションの1室で簡易宿所は無謀?」の続きを読む…

Share

dsc04876

前回の続きです。

DSC05314内見までの時間待っていると、担当の営業より電話が。

なんとその日は、Airbnbの宿泊者がいるらしく、急遽、内見が中止。

ひたすら謝る営業ですが、こちらも1時間半かけて来たわけで、納得いきませんが・・

 

残念ながら、この日の内見はできませんでした。

その場で、1週間後の土曜日に内見の再予約を。

その間に、他の方が先に契約するような事を絶対にないという条件で、渋々延期を承諾。

「内見!日曜大工レベルでも簡易宿所は許可される?」の続きを読む…

Share

a0055_000843

もともと古民家に、興味があり、一時、古民家鑑定士の資格を取得しようとまで考えたこともあります。

ちなみにこの古民家鑑定士の資格は、難しい資格ではなく、協会の指定するテキストであれば、試験場に持ち込むことも可能。

きちっと勉強すれば確実に受かる試験なんです。

古民家について、満遍なく学べますし、古民家に関心のある方には、この資格、オススメですよ。

DSC05315

ということもあって、古民家好きの私は、この古〜い物件の外観に、一目惚れ。

ネット上の画像ですが、かなり気に入りました。

「民泊物件の最初の候補は簡易宿所」の続きを読む…

Share

22f5dd0461a79c63405027d3f41bbf9c_s

民泊ルールの概要がほぼ確定!

1220160612 001

当ブログでも、何度かご紹介している厚労省と観光庁の民泊検討会。

日経新聞の記事ですが、10日に行われた検討会に関するものです。

ほぼほぼ民泊の運用ルールは確定したようですが・・

残念ながら、肝心の2点が保留のままでした。

ちなみに運用ルールの詳細を確認されたい方は、

以下の厚労省、観光庁の第12回の検討会の資料をご覧ください。

⇒ 資料1  資料2

肝心の2点とは、①民泊の営業日数、②自治体の規制です。

当ブログでも何度か、記事にしておりますが、

この2点は、民泊がビジネスとして成立するか否かに大きく影響します。

 

「民泊はビジネスとして成り立つのか?近々に明らかになります!」の続きを読む…

Share