rp00001

rp00001メルマガ読者のために、作成した無料レポートです。

『サラリーマンが、アフィリエイトをやってはいけない3つの理由とは?!』・・・かなり過激なタイトルですが、でも勘違いされないでくださいね。

アフィリエイトをそのものを否定しているものではないので、むしろ肯定しています。

ただ・・

通常のやり方、目的で、アフィリエイトに取り組んだとしても、まず失敗します。

わかりますよね。

本業で何かと多忙で時間がない、帰宅後も、休日も、疲れ切っていて体力も気力もないサラリーマンは、アフィリエイト作業を続けるのは正直、厳しいです。

まず途中で挫折するはずです。

そこで・・

少し、やり方、視点を変えることで、なんと、楽しく、そして最終的に大きく稼げるようになる・・

なんてことを内容にしたレポートです。

勘違いされないでくださいね。

決して裏技的なものでも、ツールを使うものでもないので。

そういった楽をすることを期待されている方は、読まれない方がいいですよ。

こちらのレポートをお読みになりたい方→ こちらからお願いします。

 

Share

村上悠のイメージ画像

電脳卸20130831

こちらの画像は、もう半年もメンテしていない放置型のあるサイトのアフィリエイトの実績です。

放置型と言ってっも、完全放置ではありません。

このスマホサイトは、いじっていませんが・・たまに、実は、Twitter(ツイッター)で、ツイートはしています。

こんな簡単な放置型でも1ヶ月に、報酬は、毎月3~5万円ほど獲得できます。

今月は、お盆があったせいか・・いつもより少し金額が・・ですが。

高報酬をゲットするなら『電脳卸アフィリエイト』!

ここで、画像をよく見ていただければ、おわかりなように、3件ともスマホ注文なんですね。

先日のこちらの記事も読まれました?⇒ 「グーグルのマルチデバイスにおける利用実態調査とは?

このグーグルの調査結果からも、スマホアフィリエイトは、今どんどん伸びているように感じます。


人気ブログランキングへ

Share

スマートフォン

スマホアフィリエイトは、今後、爆発的に伸び、

今スタートすれば、大きな先行者利益を得ることができるわけで、

今、まさに、スマホアフィリエイトを始める絶好のタイミングです。

ここ数年、このように、言われ続けています。

今でも、このような言い方をされている方は、多くいますが・・

実は、かなりの方が、スマホアフィリエイトに、続々と参入しており、日々、競争が激しくなってきています。

できる限り、早く、スマホアフィリエイトに取り組むべきです。今日からでも・・

しかし、なぜ、このような、大きく稼げる絶好のタイミング、時代の転換期に、居合わせながら、何もしないのか、本当に不思議です。

既に市場としては成熟かつ飽和の状態で、今から個人で参入するには、あまりに厳しい、PCのサイトアフィリエイトに、なぜ、固執するのか不思議です。

ASP側でも、スマホ向けのアフィリエイト広告が、今はいっぱいあり、スマホアフィリエイトを本気でやる、環境は全てそろいました。

PCのサイトアフィリエイトに比べると、まだまだ、比較にならない程、やりやすいスマホアフィリいを、すぐにはじめましょう。


人気ブログランキングへ

Share

スマホ

男性は、「時事ニュース」「商品情報」「天気情報」がベスト3。

女性は、「店舗情報」「人名」「単語・用語・外国 語」という結果でした。

アフィリエイトに関係する「商品情報」ですが、

女性も、56.1%と第4位で、男女ともに、スマホで検索される方が多いですね。

この調査結果からも、スマホアフィリエイトは、今後、さらに伸びるでしょうね。


人気ブログランキングへ

Share

サラリーマンとスマホ

スマホで検索する際の入力するキーワードの数ですが、

男女ともに、検索キーワードは、「2単語」と いう人が最も多く、

「3単語」「4単語」以上で検索する方は、女性の方が多いそうです。

これって、女性は、一度 の検索でより具体的な情報を求めている傾向が強いということでしょうか。

また、興味深い結果として・・スマートフォンでの検索には、男女ともに8割以上の人が「キーワード入力補助機能」を利用しているということ。

ところで、キーワード入力補助機能は、ご存知ですよね?

検索語入力欄にキーワードの一部を入力すると、検索キーワードの候補として、「関連検索ワード」が自動的に表示されるあれです。

ほとんどの方は、無意識に使っています。

これまでにも何度も言っておりますが、アフィリエイトにおいて、キーワードの選定は、極めて重要ですが・・

そのキーワードを決める際には、複合キーワードで、キーワード入力補助機能の結果を参考にするのがいいと思います。

ああ・・でも・・キーワード入力補助機能は、検索クエリを基に関連検索ワードを表示させるのでう、人によって異なるか・・
そのままでは、使えないですね。


人気ブログランキングへ

Share